j-anpi 安否情報まとめて検索

J-anpi > 本サイトについて

本サイトの目的

2011年3月の東日本大震災では、通信キャリア各社による災害用伝言板の提供や、報道機関をはじめ各種企業・団体による安否情報の収集・公開などの様々な取組みが行われました。

家族や知人などの安否や避難場所を確認する手段の重要性が再認識された一方で、様々な安否情報が世の中に点在していたため、確認に時間を要したほか、各々の取組みの迅速性や確実性にもばらつきが見られました。

上記に対し、通信キャリア各社による災害用伝言板の連携強化や機能充実なども図られていますが、今回、更に連携の輪を広げ、通信キャリア各社が提供する災害用伝言板の安否情報に加え、各企業・団体が収集した安否情報もまとめて確認できる共同サイト「J-anpi安否情報まとめて検索」を提供することにいたしました。

概要とご提供のしくみ

■サービス概要

(1)概要
本サイトは、PCやスマートフォン、携帯電話などからWebブラウザを起動し、検索条件として「電話番号」または「氏名」を入力することで、通信キャリア各社が提供する災害用伝言板※1および報道機関、各企業・団体が提供する安否情報※2(テキスト情報)、グーグルが提供するパーソンファインダー※3を対象に一括で検索し、結果をまとめて確認することができる無料※4のサイトです。 参加企業等のホームページに、本共同サイト検索用のスペース(検索窓)を設けて、この検索窓から検索することもできます。

(2)ご利用のイメージ(拡大して表示)

(3)特徴
①高い利便性
家族、親せき、知人の安否情報を確認したい利用者は、各企業・団体が提供する安否情報サイトを個別に何度も確認することなく、本サイトで一度にまとめて検索し、内容も一覧で確認できます。
②迅速確実な提供
事前に本サイトを構築し、平時より常時起動・運用します。そのため、発災からサイト立ち上げまでの遅れが生じません。
各企業・団体から本サイトへの安否情報の提供を汎用ファイル(CSV,XML)形式で行えるため、提供時の様式変更などの手間が少なく、迅速かつ広く安否情報を収集できます。
複数ロケーションへの設備分散などの対策により高い信頼性を確保します。

※1:東日本電信電話株式会社、西日本電信電話株式会社、株式会社NTTドコモ、KDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社、ソフトバンクモバイル株式会社、ワイモバイル株式会社の災害用伝言板の情報(伝言板の起動は各社の判断となります)
※2:大規模災害時に、日本放送協会、東日本電信電話株式会社、西日本電信電話株式会社、日本郵便株式会社などが収集した安否に関する情報(情報の収集は各社の判断となります)。
※3:Googleパーソンファインダーは、グーグルが提供するサービスで、個人が投稿し、被災した親戚や友人の状況を検索できるWebアプリケーションです。
※4:利用者毎の利用環境に応じて、別途インターネットへの接続費用が必要となります。
(インターネット接続費用、プロバイダ利用料、パケット通信料など)

■提供条件
基本的に常時ご利用可能です。ただし、通信キャリア各社の災害用伝言板、Googleパーソンファインダーがご提供されていない場合、および、報道機関、各企業・団体が提供する安否情報安否情報登録がない場合は、参照するデータがございませんので、検索を行うことができません。検索を行うことができない場合は、J-anpiの検索トップ画面にデータがないことを表示します。

■利用環境
PC(ブラウザ)、スマートフォン、携帯電話からご利用が可能です。
PCの環境やブラウザの設定によっては、表示や動作の安定性が確保されない場合がございます。
スマートフォン、携帯電話については、一部使用できない機種がございます。

■ご利用料金
安否情報の検索・閲覧に伴うご利用料金は無料です。
本サイト利用に伴うインターネット接続費用やプロバイダー利用料および、ダイヤルアップ接続の場合は通信料等が別途必要となります。

■その他
本サイトご利用に関するその他事項については、ご利用条件をご参照ください。

NTT NHK

本サイトは上記、こちらの企業・団体の協力により提供されています。